レディ

ネイリスト求人で調べてあなたの夢を叶えよう

自由にアピールできる書類

履歴書

自分なりに決まりを作る

職務経歴書はフォーマットが決まっておらず、自由度が高いのが大きな特徴の一つです。つまり、書き方次第では非常に読みやすい書類を作ることが可能です。職務経歴書で伝えたいのは、それまで培った経験や習得したスキルに関することですので、それをできるだけ簡潔に表すようにします。フォーマットとして人気があるのは時系列に記していく方法です。この方法なら、どのようにステップアップしていったのかを記すことが可能です。他にも、職務経験ごとに項目を分けて書く方法が人気なのですが、この書き方にすると読み手にとっては必要な情報が入手しやすい書類になります。時間がない時等は一人一人に時間をかけられませんので、要点が分かりやすいのはプラスになります。

全てが必要な情報ではない

転職活動を行う側からすれば職務経歴書に書く内容は全てが重要であり、伝えたい部分です。しかし、企業側からしてみれば欲しい情報はその中の一部分であり、全てが必要なわけではありません。ですから、全てを同じレベルで書くのは非効率になり、アピールポイントを曖昧にします。何が必要な情報を把握するためには、まずは募集要件をしっかりと熟読します。その上で書く内容を決めていき、企業側が特に重視している点が目立つように作成していきます。この書き方にすると、企業側が欲している人物像とマッチしていることを明確に示すことができますので、アピールが成功しやすくなります。職務経歴書は情報の羅列でなく、このようにアピールするための書類なのです。